モバイル通信GTA

WiMAX2+は440Mbps化で本当に速くなったのか?

2月から全国で下り最大440Mbps対応のエリアが拡充されました。この通信速度を利用するには対応したWiMAX2+ルーターが必要です。現時点ではW04とWX03、それから据え置き機のSpeed Wi-Fi HOME L01の3機種のみです。どれも新型のルーターなので、過去に発売した旧型はフェードアウトしていくでしょう。

気になるのは下り最大440Mbps化で本当に速くなったのか?です。

UQモバイルのサイトでは、この場所で何Mbpsが出ましたと書かれていますが、個人的に信頼しづらいのでツイッターを見て回りました。

一番インパクトがあったのは、SPEEDTESTで300Mbpsオーバーの画像を見た時です。200Mbpsくらいまでのは見たことがあったので、それを超えているのは驚きです。

個人的な印象になりますが、今までのWiMAX2+のスピードより速い方が多くおられ、いまいちな人は少数派に感じました。もちろん不満の声もありましたが、これは440Mbps化の不満ではなくWiMAX2+の電波特性の不満がほとんどです。

下り最大440Mbps化で通信速度が速くなったのは事実でした。ただ、エリア外ですと220Mbps止まりなどあるので注意しよう。